カジノは大きなお金が動く場なのでディーラーも高収入が期待できる職業です。

医者や弁護士に匹敵する職業がある?

世の中儲かるのは医者か弁護士と言われてしまうほど、特定の分野のスペシャリストは世界を股にかけて高収入を稼ぐことが出来る夢の職業です。

 

しかし、日本では難しくとも海外に行くと予想外の方法で医者や弁護士に匹敵する年収を稼ぐことが出来るのはご存知ですか?

 

世界に目を向けると奥が深い、海外の職業をご紹介いたします!

 

 

ゴルフボールダイバー

ゴルフ場浮島
ゴルフ場の多いイメージの日本ですらあまり聞き馴染みのない「ゴルフボールダイバー」という仕事は、いわゆる”池ポチャ”してしまったゴルフボールを潜水して探し出し、磨いて受け渡すことで報酬を得る仕事になります。

 

このゴルフボールダイバーはゴルフ場の数がダントツで多いアメリカ合衆国を中心に一部のリゾートで高給な仕事として有名になっており、熱意のある人は「年収1,000万円」も稼ぎ出してしまう、知る人ぞ知る職業になります!

 

キッチンカー

国名を聞いただけでホットドッグのイメージが浮かび上がるように、アメリカは国内の至るところでホットドッグの移動販売(キッチンカーもしくはフードトラック)が行われています。

 

日本でも稼げる職業として一時期盛り上がりを見せていましたが、出店できる場所が少なく、差別化を図れば”仕込みの時間がかかり採算が合わなくなる”などの制約が大きく、収益化が難しい分野になります。

 

一方海外では移動販売といった形式は一般的で、ホットドッグからジェラートまであらゆるものが移動販売されています。平均的に年収300万円以上稼ぐことができますが、一部の移動販売者は年収1,000万円にも上る収入を得ているとも言われています。

 

カジノディーラー

カジノのディーラーラスベガスやマカオを中心に、世界では至るところでカジノが流行しています。

 

カジノは様々な仕事で成り立っていますが、特にゲームマスターの立場を取る「カジノディーラー」は高いスキルを持った人材しか務めることができず、給与も高額になる傾向になります。

 

カジノディーラーの年収は「平均770万円」程度とされていますが、カジノ内では”チップ”という制度があり、接客力や”場を回す力が高い”ディーラーは1,000万円を軽く超える利益を基本給与以外の場所から生み出しています。

 

海外で高給を稼ぐのも1つの手段

他にも家事手伝いとしての”メイド”やハリウッドの”スタントマン”など、海外にはユニークに稼ぐことが出来る仕事がある一方で、アラブの公務員は年収4,000万円を稼ぐことが出来るなど、日本の常識から外れた稼ぎ方が数多く存在します。

 

また、1,000万円という年収を稼ぐ労働者は日本に7%しか存在しないのも現実です。

 

海外のユニークな仕事は資格がいらないものも多いので、仮に高給を求めて日本に留まらない活躍を目指す場合は、このような仕事を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

リスクがあるけど稼げる仕事