生きるためにお金は必要ですが健康や人生経験など買えない物も多くあります。

年収だけが幸せを決めるわけじゃない?

横断する人々世の中において、結果的に高い年収が幸福の1つの基準として収まる場合は少なくないでしょう。

 

それ故に、誰もが1度は年収1,000万円を目指して努力を試みる期間があると思います。

 

しかし、2002年には年収900万円を超えたあたりから年収が上がることに対して幸福度の上昇は止まってしまうという研究結果が報告されている事例もあります。

このような場合を考えると、必ずしもお金が幸福決定要因になるとは限らないと言えるでしょう。

 

では、人間が幸せになるために求めるべきものは、お金で買えないものなのでしょうか?
また、お金で買えないものとはどのようなものでしょうか?

 

 

生活の基盤となる心身の健康

海辺をジョギングする富豪まずお金で買えないものの代表として挙げられるのは「健康」です。

 

特に運動で得られる肉体的な満足感はお金で買えない場合が多いでしょう。

 

例えば、健康サプリメントや最新の運動器具は購入できても、継続的な食生活の改善や、肉体改造を諦めない精神力はお金で買うことはできません。

 

また、運動をすることで「エンドルフィン」を分泌する刺激を生み出すことができます。

 

エンドルフィンはお金で買うことはできませんが、ストレスに対して効果的で人生を幸せにするために必要な物質であるとされています。

 

 

大切な人からの愛情

人を心から愛する気持ち、人に心から愛される気持ちはお金で買うことのできない大切な感情になります。

 

子供の頃に親から愛情を受けられず、悩み苦しんだ子供は大人になっても変わることなく人の感情に苦しみ続けてしまう傾向にあります。

 

親は子を選べませんし、子は親を選べません。

 

また、愛情を与えてるつもりでも行き違えている場合さえあります。

 

お金があれば子供の衣食住は満たされるかもしれません。
しかし、自分の子供に手作りのご飯を作ってあげる事、絵本を読んであげるなどの愛情を与えられるのは親だけの特権なのではないでしょうか。

 

 

人生を左右するほどの経験

時計を分解した経験お金で買えないものの中で最もかけがえのない存在としてあげられるのが「経験」です。

 

例えば文化交流を目的にホームステイをするとして、お金を使って海外へ行くための航空機のチケットを購入することは可能ですが、行った先で部屋に籠もって誰とも話さなければ何も意味がありません。

 

小学生の息子に必要なのは高級な時計を買い与えることよりも、分解しても構わない時計を与えて好きなように研究させることかもしれません。

 

このように人生を豊かにする経験は、お金で解決できないテーマであることが多いです。

 

特に子供の頃に得た感動経験は人生を左右するほど大切なものになるでしょう。

 

 

お金で買えない価値はたくさんある

世の中には、お金で買えない物程人生の密度を高くする可能性を秘めています。

 

もちろんお金で買える幸せを買うことの出来る余裕は不可欠ですが、その上でお金で買えない幸せを十分に育むことが人生をより豊かなものに成長させてくれるのではないでしょうか。