給与がよくても家族構成や支出状況によっては厳しい生活になることも…。

スタートラインの年収240万円の生活

最初の年収区分は「240万円」です。

 

240万円は厚生労働省が発表している大卒者の初任給20万6,700円を12ヶ月受け取った場合の年収にあたります

 

初任給の場合は住民税がかからないので手取りと額面に大きな差はありませんが、多少の税金を考慮すると毎月「16万円」ほどで生活していかなければいけない年収となります。
名刺を持つ新卒社員

 

生活水準は最低限の費用を賄う形に

年収240万円付近の給与者は毎月の生活にかかる費用を支払うので精一杯の場合が多いです。

 

家賃に5~8万円、水道光熱費に2万円、通信費に8,000円、食費に3万円支払えば残りを自由に使えるお金はおよそ5万円程度となるでしょう。

 

この中から貯金、交際費、趣味の費用を支払うとなると毎月ギリギリの生活になってしまうことも珍しくありません。

 

若いうちは実家住まいにし、昼食に自炊などを行えば少しは生活の余裕ができそうですが、将来のことを考えるとあまり派手に活動はできないでしょう。

 

 

日本人の平均年収440万円の生活

国税庁の発表によると、2018年度における国民の年間平均給与は「441万円」となっています。

 

これは月の平均給与がおよそ30万6,000円程の支給にボーナス73万8,000円程を加えた額とされており、税金を差し引いた額面では、毎月「28万2,500円」程度を使用して生活が出来るという計算になります。

 

ひとり暮らしならばかなり余裕のある生活に

年収440万円程度の収入があれば家賃水準は少し上がり9万円~11万円程度のワンランク上の生活が望めるでしょう。

 

水道光熱費、通信費はあまり変動がなく、食費が少し上がって4~5万円程度になったとしても月に10万円程自由に使えるお金を確保することが出来るので、コンパクトカーあたりならば余裕で維持費を賄うことが出来るでしょう。

 

 

高収入の分かれ道、年収1,000万円の生活

年収1,000万円を超える労働者は、日本国内で約7%程度しかいないとされている、いわゆる富裕層の仲間入りとなります。

 

しかし、その分負担すべき税金も大きくなるので、手取りはおよそ「718万円」となっています。

 

余裕がある年収に見えますが、夢見ていた程裕福な生活が送れるとは限らないという所感も生まれてくる頃でしょう。

お金で買うことが出来ない幸せとは?

 

実は子育て世代には物足りないとされている

子育て中の家族年収が1,000万円あれば一人暮らしではかなりの自由が生まれますが、手取りは700万円強となってしまうので子育て世代には厳しい現実が待っているようです。

 

しかしながら、年収にもなればローン審査も通りやすくなるので、マイホームの購入を検討しても良い頃合いとなるでしょう。

 

 

年収が上がるほど考えるべき要素は多くなる

大きく3段階の年収の生活水準をご紹介しましたが、年収が増える頃には結婚や出産などのライフイベントも控えており、依然として完全に豊かな生活が訪れるとは限りません。

 

年収が低いうちからあらゆるイベントに備えてお金をしっかり管理しておくことが大切なのではないでしょうか。